06

インソールを使い始めてから
ずっと調子がいい。

Mai Fujisawa 藤澤 舞

札幌エクセルAC所属・ウルトラマラソン

第33回サロマ湖100kmマラソン2年ぶり3度目の優勝・ほか各マラソン大会優勝多数

トップの選手は
みんな使っている。

私はダイエット目的くらいの軽い気持ちでマラソンを始めていて、インソールを使うようになったのはここ数年のことです。最近は1年でフルマラソン10回、ウルトラマラソン5回くらい参加しています。ウルトラマラソンは足へのダメージが大きな競技ですが、インソールを使い始めてからは一度もケガがなくて調子が良いです。周りの選手を見てもトップの方にいる人はみんなインソールを使っているので、速く走る上で不可欠な要素のひとつになっているのだと思います。

市販のシューズだけでは
もう走れない。

トム・カンパニーさんでは、厚めがいいとか、通気性があった方がいいとか、好みを多少伝えるくらいでインソールを作ってもらいました。それで調整してもらったものを履いて店の外を少し走ってきて、気になるところを直してもらって、という流れを2回繰り返した程度で満足できるものが出来上がったので、すごくスムーズでした。今はこのインソールをシューズに入れているのが当たり前になってしまっていて、市販のシューズだけでは走れないというくらい頼っています。

トム・カンパニーからのコメント

インソールづくりは選手との戦いだと、私たちは思っています。求められているものを作れるかどうか、さらにはその要求を超えるものをご提供できるかどうか。ウルトラマラソンの場合、軽くなければ疲労につながってしまいますが、ある程度のクッション性を持たせなければ足へのダメージが大きくなるため、バランスの調整が重要になります。調整がうまくいかずお悩みの方はぜひご相談ください。

RECOMMEND

106 D-tune
DETAIL